キャリイ車種紹介

キャリイ車種紹介

キャリイは、プロの道具をコンセプトとして登場した軽トラックで、1961年の発売以来、長い人気を誇っています。1971年〜2009年までの39年間、連続で、トラックの車名別年間販売台数第1位を誇っています。新ボディレイアウト、車体の軽量化、衝突安全性の向上を図りながらも、経済性や耐久性、使いやすさを向上させている車です。グレードには、自然吸気モデルのKA、ターボモデルのターボ、農作業仕様の農繁があります。スズキの軽トラックキャリイは、レンタルされているトラックの中でも人気があり、かつては、エブリイと共通する車体構造の軽トラックでした。スズキからマツダにOEM供給している軽トラックのスクラムは、キャリイの一部外装の変更をした軽トラックになります。キャリイは、諸外国でも高い人気があり、欧米、東南アジア、オーストラリア、インドなどで排気量を拡大して販売されています。軽自動車の新規格に適合させるため、2005年には、ショートホイールベース・フルキャブタイプ仕様の軽トラックに変更しており、より、高性能な軽トラックとして生まれ変わっています。
ガリバー 評判