中古車購入ローンを組む場合

中古車購入ローンを組む場合

中古車を購入するときにローンを組む人は多いようです。とはいえ、ネットや雑誌で中古車に関する情報を収集し、格安で購入できるところで買ったけれど、ローンの利息が思ったより高くついたという話もあります。支払いを後回しにできる代わり、ローンを組むことで手数料がかかるようになり、借入金額に利息をプラスした金額を請求されることになります。金利条件は、金融会社によって異なります。中古車販売店でローンを組むと、金利は5.8%〜8.9%程度になることが多いといいます。客によってローン金利を変えているようなところもあるようなので、確認してください。ローンで中古車を買う場合、月々の支払いに目がいってしまいがちで、分割手数料込みでいくらになるかまで考えが及ばないことも多いようです。欲しい中古車が目の前にあって、月々の支払額がこれくらいなら買えるとすぐ判断してしまうのは、あまりおすすめできません。全額しっかり支払うことができるか、払うと金額はどのくらいかをまずはっきりさせることです。販売店によっては、中古車を買うに当たって結局いくらかかるのかが曖昧なままのところがあります。金利が2%程度と、余りに低すぎるローンも裏がある可能性があります。採算がとれない金利を金融会社が設定するはずがありません。銀行が大手優良企業に貸し付けるときと同じくらいの金利で中古車ローンが組めるはずはありません。足りない分は当然、車両価格や諸費用に上乗せされている事が考えられます。中古車購入の際にローンを組む場合には、さまざまなことに注意する必要があるといえるでしょう。
ガリバー 評判
中古車ローンの審査